古川徹のココだけの話

★おかげさまで10期目を迎えました★

7〜9日限定プレゼント!

訪問ありがとうございます!

 

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 何よりの励みになります!!

 

友人が

この度、素晴らしい本を出版しました。

 

僕のもった印象から

彼のパーソナリティを

キーワードで表現すると

 

エネルギッシュ!

行動派!

国際的視野!

 

特に年間の多分

3分の1からもしかすると半分近くまで

海外の各地で過ごし

その動向を

定点観測している知見には

いつも刺激をいただいている方です!

 

以下に紹介文と

本人のブログからの

抜粋を掲載します

 

是非ご覧になってみて下さい!

 

 

この度
株式会社投資家育成実践会
創立者ジョニー上条氏が
100万部の大ロングセラー「7つの習慣」を
日本に紹介・プロデュースし
自著「成功の9ステップ」幻冬舎より
ベストセラーを好調に出している
J・スキナー氏との対談を載せた最高傑作!

近未来投資を初心者にわかりやすく綴った
最も楽しい投資学習本
ジョニー上条のピンク色「投資男」を
新進気鋭の
出版社ブレインキャストから
10月7日(金)に出版されることになりましたので
ご連絡告知をさせていただきます
※ベストセラー「人民元で大儲け」の
著者高橋守氏の推薦文も掲載しております

また併せてジョニー上条の
投資初心者向け
ピンク色「投資男」DVDも同時発売になります

ジョニー上条は本年度を最後に
日本の個人投資家へのアドバイスを終了します
この機会に今回のピンク色「投資男」が
皆様のお役に立てることを願っております
***************************************
株式会社投資家育成実践会
東京都千代田区大手町一丁目5番1号
大手町ファーストスクエア イーストタワー4F
www.toushika.org

ジョニー上条
****************************************

★出版記念企画としまして
10月7日(金)〜9日(金)までアマゾンで
購入した人の中から
抽選で333名に投資CDorDVDを
もれなくプレゼント!

しかも抽選に漏れた人の中から厳選し
11月のジョニー出版記念講演会
12月の出版記念パーティへ
無料ご招待チケットを差し上げます

しかも10月7日(金)〜9日(金)の間に購入された方の
中から入会金300万円の投資家育成実践会
定例会フリーパスチケットが1名様に当たります!
お申し込みは10月7日(金)〜下記よりお願いいたします

http://johnny.tv/
(7日までは購入バナーのクリックできませんのでご注意下さい)



ジョニーブログ
http://ameblo.jp/johnny777/


ー参考・ブログよりー
投資とは?

「投資」などというと、「お金持ち」とか
「怖い」、「危険」という考えが先に
思いつく人はいないかもしれません???
いや多いのかなぁ〜?

「投資」は世の中に必要な事、ものになっています。
投資を自分や家族の人生において
考えないで生きていける人は
かわいそうな境遇にいることを
自覚してみるといいでしょう・・・

逆に言えば、投資を学びたい人は
それだけでも「しあわせ」な境遇にいるのです
10年後にははっきりわかります

つまり
小学生の時に優秀だった「田中君」が
中学になったらボンクラ君になり
高校生になったら
日陰の「佐藤君」が優秀だって事に気づいて
でも最後に成功したのは「上条」君ってことも
あると思うでしょう・・・
これをありえないとは言わないのに
どうして大人になると
成功者がずっと成功し失敗者がずっと失敗ていると
勘違いするのかな?
皆さんは
これまでに起きた
9回裏ツーアウト満塁の
逆転サヨナラ
満塁ホームランの数ってご存知ですか?

【投資家である条件】

「投資家とは何か?」というと、かなり漠然とした
イメージしかないのではないでしょうか?
語る人によって違うとは思いますが
ジョニーは投資家を次のように考えたいと思います。

投資の結果によるリターンの予測が描ける人
短期中期長期的の計画にストーリーが描ける人
将来の安定や元本の保証など置き去りにして成長する人
人生の達人
世界的視野に生きている人
<後略>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

***************************************
株式会社投資家育成実践会
東京都千代田区大手町一丁目5番1号
大手町ファーストスクエア イーストタワー4F
www.toushika.org

ジョニー上条
****************************************


        

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

■人気ブログランキングは数多くのブログを集めジャンル別に整理したHPで、今話題のブログをチェックするのに便利なサイトです。

■本文の『人気ブログランキング』(下線付)をクリックいただけると、順位がアップし、多く方の目に止まるようになります(^^)。

 

 

■人気ブログランキングは数多くのブログを集めジャンル別に整理したHPで、今話題のブログをチェックするのに便利なサイトです。

日経誤報?ソニーの正しい事業計画!

訪問ありがとうございます!

 

人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援”

 何よりの励みになります!!

 

 

皆さんこんにちわ!

 

前回に引き続き日経記事についてやります

 

22日にソニーグループの経営方針が

 

正式発表され日経にも掲載されましたが

 

やはり十分な表現ではないので

 

取り急ぎ

 

皆様にはナマの情報をご覧頂きたいと思い

 

ブログにてご報告いたします

 

 

ソニーグループ 中期経営方針(2005年度〜2007年度)

〜 エレクトロニクス事業復活を軸に経営体質強化 〜

<総括部分>

ソニーはエレクトロニクス、ゲーム、エンタテインメントの三つをコア事業と位置づけ、競争力向上と経営体質強化に向け以下の施策を実行します。特にエレクトロニクス事業の復活を最優先課題として、機構改革を実施し、構造改革と成長戦略を推進します。これにより、2007年度に連結営業利益率5%(エレクトロニクス4%)、連結売上高8兆円以上のグループ企業になることを目標とします。(*1)
 
 今回の改革の重点項目としてエレクトロニクス事業の組織を大幅に改組し、重要分野の意思決定権限をエレクトロニクスCEOに集中する体制とします。これに伴い、現行のカンパニー制を廃止し、各事業本部が相互に連携しながら、それぞれの事業領域に集中できる体制を確立します。また、商品戦略、技術、資材調達、生産、販売・マーケティングの重要領域において、横断的な連携の仕組みを強化し、製品分野を超えた意思決定の迅速化、全体最適化を図ります。また共通ソフトウェアの開発、設計や商品開発での重複の排除、研究開発投資の効率化を実現します。

 これらに加え、構造改革により2007年度末までに2,000億円のコスト削減を実現します。この構造改革は不採算事業・非戦略事業の収束、モデル数の削減、製造拠点の統廃合などを軸に推進し、全世界で1万人のグループ人員を削減します。また、保有する不動産や株式、非戦略資産等を見直し、2007年度末までに1,200億円相当を売却します。
 これら構造改革の進捗については四半期ごとに開示します。

 成長戦略においては、エレクトロニクス事業のリソースをHD関連商品群、モバイル商品群、およびこれらの商品の差異化につながる先端半導体、デバイスの開発・製品化に集中的に投入し、競争力強化と収益性向上を目指します。加えて、Cellプロセッサを活かした新しい技術、商品、アプリケーション開発を行うための組織をCEO直轄組織として新設します。

 当社は、これらの施策実施によりエレクトロニクス事業を強化し、ゲーム事業、映画事業、音楽事業、そして高いブランド認知度など、グループ内の強力なリソースを最大限に活かし、世界をリードするエレクトロニクス・エンタテインメント企業として、より魅力的な商品・サービスを提供してまいります。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<各事業について>

金融についてのみ抜粋します

金融
金融サービス部門はソニーグループ内で最も高い利益率を維持し、グループ全体の業績に貢献しています。なお、以前ご案内した2006年度中の株式公開の計画については2007年度以降に延期します。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

■人気ブログランキングは数多くのブログを集めジャンル別に整理したHPで、今話題のブログをチェックするのに便利なサイトです。

■本文の『人気ブログランキング』(下線付)をクリックいただけると、順位がアップし、多く方の目に止まるようになります(^^)。

日経のソニー記事はウソ!3

訪問ありがとうございます!

 

人気ブログランキングに参加しています

 

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 何よりの励みになります!!

 

 

皆さんこんにちわ!

 

珍しく連続しての更新です  

 

ちょっとこれだけは急ぎ情報発信したいな

 

と思ったのです

 

 

何かというと

 

私がつい6月までお世話になっていた

 

ソニー生命保険(株)が含まれる

 

金融事業持株会社(ソニーフィナンシャルホールディングス)が

 

売却されるとの記事が

 

日本経済新聞・朝刊のトップに躍っていたからです

 

 

しかし

 

日経の記事は事実とは異なるようです!!

 

以下に

 

ソニー本社の広報センターの正式コメント(書面)をそのまま載せますのでご確認ください。

ソニー(株)のWEBでも確認できます

 

本日日本経済新聞の一面記事報道内容につき、弊社としてのポジションを下記の通り表明いたします。

 

本記事は、弊社が金融事業を売却する計画である旨記述しておりますが、これは誤りです。

弊社は、金融事業持株会社であるソニーフィナンシャルホールディングス設立

(2004年4月)に際し、将来的な同社株式上場の計画を表明しました。現在もこの考え方には変更ございません。また上場後の同社株式売却の計画も一切なく、金融事業売却の印象を与える本記事内容は大変に遺憾です。

 

また、本記事中スカイパーフェクト・コミュニケーションズの株式売却の可能性についても言及がありますが、これについても現時点では一切考えておりません。

 

弊社は9月22日にグループの経営方針を対外発表させていただく予定にしており、その中で、個別事業分野についての具体的施策を明らかにさせていただく予定ですので、本記事中で言及されている上記以外の具体的な施策については、現時点でのコメントを控えさせていただきます。 以上

                                     

ということです。

 

9月22日の発表で事実を確認したいと思います。

    

  

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

<人気ブログランキングについて>

 

■人気ブログランキングは数多くのブログを集めジャンル別に整理したHPで、今話題のブログをチェックするのに便利なサイトです。

■本文の『人気ブログランキング』(下線付)をクリックいただけると、順位がアップし、多く方の目に止まるようになります(^^)。

 

▼あの”保険マンモス”が・・・?▲

あるじゃん後ダイヤモンド後

 

 

 

 

 

 

あるじゃん8月30日発行  週刊ダイヤモンド7月16日発行

共済

東洋経済

 

 

 

 

 

 

主婦と生活8月1日発行  東洋経済9月7日発行

 ▼人気ブログランキングに参加しております▲

2回目ですが 『来たよ〜』 ってクリックしてって下さいな!

皆さんこんにちわ!

ついに夏も終わりですね

毎年おなじように一抹の寂しさを感じるのですが

なぜでしょうね・・・?

何かこう「ひと夏の〜」っていうカンジがあるんですかね

でもやっぱり日本の四季は素晴らしいと心から思うし

日本に生まれられたことを感謝しますね

ホントですよ(^^)

 

しかし

秋は保険のシーズンなんでしょうか?

ご覧の通り4誌が特集です

業界に10年もいてよく知らなかったりするんですけど

もしかすると

夏は入院等保険事故が多いから

保険を意識するはず

という読みなのでしょうか?

11月が保険月という訳の分からない

日本社主体の販売強化月間だからでしょうか?

いずれにしても

冒頭の写真の通り

特集が目白押しですわ

 

しかも

今回のはケッコウ

情報としてはいいものが多いように思いました

真剣に検討されている方は

あるじゃんとダイヤモンドの2冊を

しっかり読めば

ご自身でいい保険を選択できる

可能性がありますよ!!

 

さて

私が先月興した

保険マンモス

という会社ですが

あっ・・・覚えてましたか?

一体なにをやろうとしてるかと言うと・・・

 

ー然に生命保険・医療保険の必要性を感じて

 自らHPで調べている全国の人と

 (『結婚した』『子供が生まれた』とか『住宅ローンを組んだ』とか)

知識があり、かつ人柄の良い

 しかも複数の保険会社の商品を取り扱える

 中立的なプロのFP(ファイナンシャル・プランナー)

 

この,凌佑鉢△凌佑鬘廝釘促汽ぅ箸鬚弔って

マッチングさせたいな

と思ってるんです

 

ですから

情報としては

ここに来たら

保険に新たに加入しようとしている人も

保険の見直しを考えてる人も

生命保険に関する疑問については

何でも解決できるようなサイトを作りたいのです

もちろん最初から100%は無理ですが

10月に65点レベルでオープンして

年内に80点

1年かけて満足いくものに作り上げて行きたいと思っています

 

そして

情報はそれでいいとして

あと実際に加入したいとなった人のために

いいFPとの接点を作れたらと思っています

 

いくらいい情報をWEBサイトで得られても

生命保険は結局は人と会って

ちょっと背中を押してもらわないと

なかなか行動に移れないということが

あるようだし・・・

 

また保険というのは

いい担当者がついてるか否かで

同じ保険に入っていても

その効果が全く違うこともある商品なので

知識レベルと人柄のいいFPと

出会える場をつくりたいのです!

 

そんなことで、ここのところHPの原稿書きで目一杯状態です

どうぞ10月のサイトアップを楽しみにしていてください!!

 

■お客様の皆様へ■

営業担当としての活動は、当然今まで通りしっかり継続してまいりますので

今後とも応援をどうか宜しくお願いいたします。

 

▼1000万の振込み!▲5

訪問ありがとうございます!

 

人気ブログランキングに参加しております

 

 皆さんが “来たよってクリック” 

 

 していただけるのが 何より嬉しいです

 

じゃ〜ん

1000万円の振込み!!

ついにやりました

やってしまいました

10年の生保営業で貯めてきた資金の

大きな一部である

貴重な貴重な 1000万円を・・・。

 

のものとも 山のものとも分からない

一体全体どうなるか分からない

ビジネスをやるために

もちろん自分なりに

考えられる限りの準備をして来たつもりではありますが・・・

なにせキビシイ世界ですから

 

でも実は今余り不安はありません

全く不安を覚えないかと言えばそんなことはありませんが

それよりも今は

自分がイメージしている

ビジネスの仕組みを試してみたい気持ちが強いようです

 

少し心配してるのは

最初からそんなビジネススキームが

上手くホイホイと行く訳はないと覚悟はしてるのですが

つまりビジネスをスタートさせれば

その時点から様々な問題点が具体化して

現実に現れてきて

それをひとつひとつ

丁寧に解決していって

初めて成果が出てくるものだと言い聞かせてはいるんだけど

 

ガッカリしたくないな

というのも正直なところあったりしまして・・・

 

もう後は

上手くいくまであきらめないこと

つまり根性しかないなと (オッスオッス

いきなり精神論になっている自分がいたりして

自分で自分が面白い今日この頃です

 

ちなみに振込みは

株式会社設立の資本金入金のことで

三井住友銀行の担当の方が

いそいで下さったお陰で

昨日付けで 『株式払込金保管証明書』 を

発行していただくことが出来ました

本当にありがとうございました

 

自分の考えるビジネスをやってみたくて

大手カタカナ生保の営業マン

安定したポジションを捨ててまで

独立したのですから

頑張らねば〜

 

会社の名前は

保険マンモス(株)

です

 

エライべたな名前だけど

覚えやすいと思うのです

覚えてくださいね

ヨロシクです

 

『何の会社か?』って

次回やりますよ・・・

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

 

 

 

 

 

 

▼保険から給料をもらおう▲

夏景色1

■人気ブログランキングに

  参加しています

 もしよろしければ “クリックでの応援” を 

 お願いいたします!!

 

 

 

 

さて今回は

なんと・・・

『生命保険で給料をもらう方法』 を

お伝えしたいと思います!!

 

前前回に引き続き

一般的な3人家族  夫(30才)・妻(27才)・子(2才)

の例で考えます

 

ところで

家計を支えている夫が亡くなったら

家族は何が困るでしょう?

(ここでは経済的な意味にしぼります)

 

困ることは色々ありますが

要するに 

『収入』 つまり 『お給料』 がなくなる

ということに集約されると思います

 

ということは

夫が亡くなった時に 

お給料が払われるような保険に

加入しておけば安心ですよね!!

 

そんな生命保険があることを

皆さんはご存知でしょうか?

 

 

つまり

 

夫が亡くなった時点から

保険期間の最後まで

 

毎月10万円とか20万円とか

加入時に設定した金額が

保険金として遺族に支払われる仕組みです

 

ですから

死亡時にお給料がストップするという

心配をしなくてすむんですね

 

 

最近は少しずつ普及してきてるので

知ってる人もかなりいらっしゃるとは思いますが

似てるようで全く違う商品(日本社に多い)も

あるので注意が必要です!!

 

この保険は基本的な仕組みが

信じられない程合理的で

 

非常に安いコストで

ユーザーにとって必要な保障を

十分に押さえてくれるのです

 

 ハッキリ言って

保険料の節約には欠かせません!

 

 

詳細については

8月スタートのメールセミナーにて

解説していきたいと思います

 

10年前

この世界に飛び込んだ時の研修で

仕組みを教えてもらって感動した時のことを思い出します

 

しかも

保険会社から払われる『お給料』は

自分が好きなように決められるんですね〜

 

保険設計ですから、当たり前ですが

 

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

▼地震は怖い・・・▲

済生会古橋病院■人気ブログランキングというサイト

  このブログも参加しています

 

  急激に増加するブログが

  ここに集結してます!!

 (↑クリック↑して是非ご覧ください)

 

久しぶりにお客様をご紹介したいと思います

埼玉県済生会栗橋病院・副院長の

本田宏先生です

 

『病は気から』という

素敵なHPを開設されてます

一度ご覧いただけると

キット健康ということを

改めて考え直すキッカケになるかもしれません

 

さて

昨日は大きな地震がありましたね

私もJR大崎駅に着く直前で

40分閉じ込められました

 

最近地震が頻発してて

怖いですね〜

 

皆さんは地震保険どうされてますか?

 

地震保険とは

火災保険に付加する保険で

地震による火災で家屋が焼失した場合に

対応するものです

 

火災保険に

地震保険を付加していないと

地震による火災は補償されないのです!

 

 

しかも

東京海上日動が販売している

『超保険』以外の場合

地震保険で設定できる金額は

火災保険金額の50%が上限なのです

 

 

火災保険3000万の場合

なんと地震保険は1500万までしか

掛けることができないのです!!

 

つまり

地震による火災では

全焼したとしても

最大1500万しか払われないのです!

 

1500万では同等レベルの家は

建たないですよね

 

 

私は東京海上日動さんの『超保険』で

100%カバーできる地震保険入りましたよ(^^)

 

あまり宣伝するつもりもないのですが

正直これは安心!

 

皆さんの火災保険はどうでしょうか・・・?

 

まず現状を正確に知ることがスタートです(^^)

 

本田先生

 

 

 

問題の多い日本の医療制度の改善の為

各方面で積極的に発言される本田先生

医療制度研究会の幹事でもあります

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

■出会いが・・・@@@

これからの3角これからの3角 大

★節約的・保険の形!

 人気ブログランキングに参加しています

 “クリック応援” ヨロシクです

  

以前からずっと

やりたいと思ってたことが

ようやく出来るようになりました

 

知ってる人からしたら

ホントに大したこと無いんですけど

僕には大きな進歩でした

 

それはブログに

図表をいれる

ということです

 

やっぱり

文字情報だけでは伝えにくいことが

多いので出来たときは

かなり嬉しくて

『できた〜〜!!』

ってカンジでしたね(^^)

 

ってわけで

今回はその図をフルに使って

(図はクリックすると拡大されます)

 

 

『 節約ブログ的 保険の形 』

行ってみたいと思います

 

それは

  hako

 

 

 

 

 

 

 

 

 sannkaku

 

 

 

 

 

 

 

 

ということなのです!!

 

急に言われても

きっと 『 ???????????? 』
ですよね(^^)

 

分かりやすい例として

子供の学費に対する

保険を考えてみます

 

ちなみに今回の話は

保険を考える上で

最もイメージし易い 家族構成である

 

夫(30才)・妻(27才)・子(2才)

の3人家族の場合とします

 

この家族で

収入を得ていた夫が亡くなった時の

学費に対する保険を考えると

 

子供が2才の今の時点で

夫が亡くなると

 

教育費 総合のハコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてが必要になるので

一般的には

1200万〜1500万円

必要だといわれます

 

しかし

3年後の 

夫33才・妻30才・子5才

の時点で

夫が亡くなったケースを考えると

  

教育費 幼稚園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となり

もう幼稚園は終わっているので

 

3年後まで時間がたつと 

保険で幼稚園に行くための

お金を用意する必要はない!!

 

ということが分かると思います

 

保険では時間の経過を

考慮することが

非常に重要なのです

 

このことを

時間の経過とともに

もう少し追ってみると

 

教育費トータル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というような

イメージとなり

 

残された子供にとって

必要な学費というのは

 

時間が経つにつれて

少しずつ減ってくるものだ

ということがイメージで

捉えられるのではないでしょうか

 

今までは

学費を残すために

保険に加入するというと

 

四角い保険設計

 

 

 

 

 

 

 

 

のような形がほとんどですが

 

これからは

 

 三角

 

 

 

 

 

 

 

 

で十分なんです

 

 

こうすると 

保険料は

それこそ半分以下になっちゃうんです!!

 

実際に保険料(某社)を計算してみた

 

ハコ型は 月 4,284円(25年間支払総額128万 

 

三角型は 月 1,992円(25年間支払総額59万

 

実に保険料が 半分以下 になりました 

 

 

「へ〜」「へ〜」・・・・

「85へ〜」位でしょうか?

 

 

半分以下になる秘密は

近々発行予定の

メールセミナーにて公開していこうと思っています

 

ご期待くださいね(^^)

 

それにしても図をもっと大きくクリアに表示させたいものです・・・

研究しときます 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

■そろそろ節約について!

趣味のドラム

この写真は「?」っと思ったら

 

人気ブログランキングをご覧くださ〜い 

 

 

ちなみにこの写真は

僕が学生時代からず〜っとやってる

趣味のドラムで

家の中でも割と静かに

練習できるサイレントドラムの写真です

ヘッドフォンをつけて叩くんですが

結構良い音なんでノリノリになっちゃいます

 

さて

そろそろ

保険の『節約法』について

少しづつお話していきたいと思います

 

今回

まずやっていただきたいのは!

ダブリ(重複)のチェックです!!

 

私が保険の分析をお願いされた時に

まず行うのは

 

家族全員の全ての保険証券を

ここに出してくださいと

お願いして

 

整理していくことからスタートします

 

保険証券を

被保険者(=保険がかかっている人) ごとに

分類していくのですが

 

保険内容が様々に 

ダブっているケースが

実に実に多いのです(^^)

 

 

<例えば>

 

■子が一人の3人家族 の場合

  

 夫の保険に、妻の保険が

  特約でついているのに、

  妻は妻で簡保等に加入している

 

 夫の保険に、子の医療保険がついているのに、

  学資保険にも 医療特約がつけている

 

  会社の団体保険に加入しているのに

  まったくダブル内容の保険に 個人でも加入している

 

 安そうだからと加入した共済生保と

  もダブリが多いです

 

 

■独身の方 の場合

 

 独身者の場合は、家族もちより

 もちろん“ダブる”可能性は少なくなりますが

 そうはいっても結構あるんです

 

 メインの契約で医療保険バッチリあるのに

 アフラックのガン保険に

 医療保険特約をまた重ねてたり

 

 両親が払ってくれている保険と

 自分が加入している保険とが

 ダブっている

 

 どちらかが貯まる保険なら

 まだいいですが

 どちらも掛捨て保険で

 保障内容がダブっていたら

 もったいないですよね〜〜

 

 

 

ですから

まずは

生命保険証券を

家族全員分 全部 出してきて

 

被保険者(=保険が掛かっている人)別に

保険会社

保険内容

保険料

程度をメモして

 

ダブリがないかチェックしてみる

 

 

あたりからスタートするのはいかがでしょうか?

 

 

  

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

                                         

■出会いが・・・(^^)

ジャップ店頭

訪問ありがとうございます!

人気ブログランキング

  って知ってます?

  知ってる人は今何位かな?

  知らない人は⇒まずは見てみて

   

皆さん!

「出会い」の場が欲しくないですか?(^^)

 

保険というのは

そう日常的に検討するものではなく

タイミングが来たりキッカケがあったりして

購入されるものだと思います

 

そして、そうした時に

いいセールスマンに出会えると良いのですが

これが、なかなかに難しいのです

 

では

買う立場になって考えると

どんなセールスマンが良いのでしょう?

 

考えられるのは

 

人柄がよく

スキルが高く

ウソがない

経験・キャリアがある

気持ちよく買い物させてくれる

仕事に使命感・誇りをもっている

 

ひとつひとつが非常に深いテーマであり

結構大変なんですが(^^)

 

さらに

 

生保に特有で、しかも顧客にとって非常に重要なのは

 

『長期にこの仕事を継続できるかどうか?』という

 

ポイントなのです

 

それは

生命保険というものが

 

■まず一般に商品そのものの期間が非常に長い

 

■しかも、実際サービスの提供を受けるのは、加入時というより

  一般に加入後、かなり時間が経ってからというケースが多い

 

■さらに、どんなサービスを受けられるのか

 手続きはどうしたら良いのか等、担当セールスのアドバイスを

頼りにしたいと思うケースが多い 

 

にもかかわらず

実際生命保険のセールスマンは

まず1〜3年でやめてしまう人が多く

 

本当に

キャリアのあって、しかもマインドの良いセールスマンに

出会うことは 非常に難しいことなのです

 

また出会っていたとしても

見抜くのもなかなか大変なのですが・・・

 

そういった意味から

皆さんが保険のアドバイスを受けようとしたとき

 

すでにある程度、選択された セールスマンに

出会える場所があったらいかがでしょう?

 

良いと思いませんか??

 

それも出来れば、

 

よりお客様の側にたって

お客様の購買(買い物)をお手伝いする

中立・公平なアドバイスが

できる人に出会える仕組みがあったら

 

なお良いでしょうね(^^)!

 

いかがですか?

 

差し支えなければ

 

ご意見をいただければ幸いです

  

 ジャップ看板

 

今回のお客様は

シルバー製品や革製品で

知る人ぞ知る

JAP工房 さんです 

 

 

 

あの聖飢魔兇琉畫・小道具から

スターウォーズ・エイリアン・ターミネーター・ディズニー等の

キャラクターシルバーグッズの数々

そして最近では映画「ローレライ」の衣装など

幅広く活躍されています!

 ジャップ商品

 

珍しくカワイイ感じの

ミッキーリング

 

 

 

 

 

 

ジャップオーナー

 

川上社長様です

 

 

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ これを ポチッと(^^) お願いいたします

 

そして、 このブログ をあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

■目次(詳細なもの)■

もうすこし詳細な目次を作成してみました
いわゆるユーザビリティが少しでもアップすれば幸いです!!
 
1)初めての方へ
 
2)このブログで大切にしたいこと
 
3)生命保険でビックリ!すること
 
  
  
 

■会社選びまとめ

 

 外観 全体

訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 “クリックでの応援”気軽にポチッとね 

  よろしくお願いしますね!(^^)

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!!

また少しご無沙汰している内に

すっかり暑くなってきましたが

皆様お元気ですか?

ドクター古川です(^^)

 

今回のお客様は

草津エリアを遠く離れて

一気に東京の高級住宅街

世田谷区 “用賀”(あの二子玉エリア)

『マンガ喫茶 ダンサン』

ご紹介したいと思います。

(6月にオープンしたばかり!用賀では貴重なマン喫です!)

 http://www.geocities.jp/dansancafe/index.html

 オープンスペース

 

 

 

  

1万6000冊というボリューム感!! 

 

 

 

さて

この7回ほど

保険会社の 「選び方」=「選択基準」

を見てきたのですが

 

ポイントは3つでした

 

     保険会社の財務力が強いこと

     必要とする保険商品があること

     いい営業マンがいる

 

(欷渦饉劼虜睫確呂砲弔い討

■格付け BBB以上

   ■ソルベンシーマージン比率は 最低でも500%超

     (できれば1000%超)

 

△良要な商品があることは

  これは単純に欲しい商品があるかどうかということです

  いくら財務力がよくても欲しい商品が

  なければ話始まらないですから(^^)

 

ただ一方で

ひとつ注意が必要なのは

 

保険会社は経営が危なくなると

ユーザーにとって

妙〜に(^^)有利な商品が

発売されるケースがあるという点です

 

保険会社はつぶれそうだという風評がたつと

どうしても解約が増えるので

格付けキープや

資金繰り悪化への対応のため

 

消費者が飛びつきそうな商品が出てくるのです

 

具体的には

貯蓄性商品で他社より異常に

運用利回りが高いものが出てきます

それも一時払いだと 怖いですね〜

 

格付けがCクラス以下で

ソルベンシーマージンが500%を

切っているような保険会社が

貯蓄性の高い一時払い商品を

出してきても 私たちプロはまず買わないですね(^^)

 

また入院保険で

これまた他社に比べ

妙〜に支払い条件の緩い商品も

財務力の弱い会社が出した場合は

十分検討したほうがいいと思います

 

のいい営業マンについては 次回にします

 

個室 

 

 

 

 

グレードの高い個室 

 

 

個室列

 

 

 

 

 

クリーンな雰囲気の店内

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

■払えるか?否か!

ヴィレッジ

訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 何よりの励みになります!!

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 (↑ポチッと↑ポチッと↑ポチッと)

 

今日のお客様は

草津温泉シリーズ第3弾(^^)

エリアNO1の一大リゾート

ホテルヴィレッジさんの登場!!

http://0932.jp/

小さいお子さんがいらっしゃる家族には

ぴったりのホテルという気がします

 

保険金 

払えるか?否か?

それが問題だ

 

ということで

前回お約束した

ソルベンシーマージン(=支払い余力)

の算式やります

       

<算式>

                         

ソルベンシーマージン比率(%) 

 

 ソルベンシーマージン総額 × 10

    リスク合計額 × 0.5

 

■ソルベンシーマージン総額とは??

 

基金(資本金)・価格変動準備金、

危険準備金・貸倒引当金、

有価証券・含み益・劣後ローン等

の総額で 支払い義務に対して 

準備している 財産的な価値 のこと

 

■リスク合計額とは??

 

保険リスク予定利率リスク

資産運用リスク経営管理リスク

 

など通常予想できる範囲を超える

諸リスクを数値化したものの合計

 

  (欷吋螢好 ⇒ 大災害の発生などにより、保険金支払いが急増す

             るリスク

  ∋饂艮人僖螢好 ⇒ 株価暴落・為替相場の激変などにより資産価  

                値が大幅に下落するリスク

 7弍調浜リスク ⇒ 業務の運営上通常の予想を超えて発生し得る

               リスク

 

 

あ〜〜〜〜〜〜つまらない!!

 

ですよね

 

とりあえず下の

数字を見る基準 だけご参考ください!

 

 

<< 数字を見るポイント >>

 

■6月2日に掲載した データを見ながらお読みください(^^)

 

1)200%の最低ライン

 

  200%を下回ると監督当局によって

  早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます

 

  自分の加入している保険会社が行政指導を受けるような事態は  

  皆さん避けたいでしょうからのでこうならないように

 もっと早い段階で対策をする必要があります

  

その意味で

 

2)500%ラインを提案したいのです(^^) 

 

  500%を下回ったら 保険会社の検討をスタートさせては

  いかがでしょうか

  ということで 赤字にしました!

  

  今現在この500%ラインを切っている会社は

  大和生命 と あおば生命 の2社だけです

  たいていの会社は大丈夫です!

  (大和さん あおばさん 頑張って下さい)

  

3)1000%ライン

 

  1000%以上の会社をブルーで表示しましたが

  これはそれ程意味をもってません

  スンマセン(^^)

  

  これから加入されるなら

  どうせなら 高い財務力があった方が良いだろうと

  各社の数字を見ていて

  ひとつ1000%のラインを感じただけです(^^)

  

)そして最後に

 

この比率は経営の健全性を示す一つの重要な指標ですが

 

この比率だけで 経営の健全性の全てを

判断するには 十分なデータではないと思います

(社歴の若い会社に比較的有利な指標だと言われます)

 

やはり 格付けデータ(5月8日13日掲載)等と

一緒にみて総合的に判断することが重要です

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

■ソルベンシーマージンって?

訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんの “クリックでの応援” が励みです

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 (↑話題のブログが集結してて面白いですよ)

 草津ホテル

        

 

 

 

 

 風格のある佇まいです

 

今回のお客様は草津温泉で

非常に人気のある

和風旅館

『草津ホテル』さんです(^^)

 http://www.kusatsuhotel.com/

 (敷地内に建てた片岡鶴太郎美術館も大好評です!)

 

さて

 ソルベンシーマージン(=支払い余力)

(各社のデータは6月2日の記事をご覧下さいね)

ですが

 

なんかとっつきにくい言葉ですよね

しかも これがまた わかりにくい内容で

 

業界が長い私も

できれば避けて通りたいくらいなのですが(^^)

 

保険会社の良し悪しを判断するには 

やはり 欠かせない

 

重要な 指標=判断基準 

なのです

 

例によって

ざっくり言えば

  

通常レベル の

『保険金の支払い義務』 

超えるリスクが起っても

 

保険金支払いを可能にする

 

お金の余裕をどれだけもっているかを

示した指標のことなのです

 

 

数値は大きければ大きいほど

余裕があるということです

 

草津ホテル

 

 

 

 

 

 正面入り口です

 

 念のため

もうすこし

解説すると(^^)

 

言葉の意味は

 

solvency 支払能力 (負債等に対する)

margin  余裕 余地 (時間 経費等の)

 

ということで

 

専門的には

 

生命保険会社は、

将来の保険金などの支払いに備えて

責任準備金を積み立てているので、

通常予想できる範囲のリスクについては

基本的に十分対応できるのです

 

しかし、環境の変化などによって

予想もしない出来事が起こる場合もあり

例えば、大災害や株の大暴落など

 

そういった通常の予測を超えて発生するリスクに

対応できる「支払余力」を有しているかどうかを

判断するための

行政監督上の指標の一つ が ソルベンシーマージン比率なのです

 

ということです

 

 

『算式』 は次回書きますが

業界人等専門家でなければ、

正直 知る必要も 理解する必要も全く無いと思いますよ(^^)

 

ただシンプルに

ご自分が選択しようとしている

保険会社の財務的体力を

判断する基準値として

ご覧頂ければいいと思います(^^)

足湯

 

 

 

 

 

 足湯がキモチいいんです(^^)

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

■保険会社・財力データ!

訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 何よりの励みです(^^)

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 

今回は 

ソルベンシーマージン(=支払い余力)

について

まずデータをご覧頂きたいと思います

04年度の数字も発表されてきていますので

順次更新していく予定です

       

             << ソルベンシーマージン 一覧 >>                                      

                                                            2003年    2002年

1

東京海上日動フィナンシャル生命

   7256.8 %

   13969.2 %

2

富士生命

3036.2 %

3158.0 %

3

日本興亜生命

2679.2 %

2743.1 %

4

東京海上日動あんしん生命*

2428.5 %

1917.8 %

5

三井住友海上シティーインシュアランス生命

2281.3 %

7741.5 %

6

チューリッヒ生命

2236.8 %

2830.9 %

7

共栄火災しんらい生命

2126.5 %

2359.6 %

8

あいおい生命

1950.6 %

1995.7 %

9

ピーシーエー生命

1670.1 %

1268.4 %

10

アクサ生命

1669.0 %

848.5 %

11

クレディ・スイス生命

1530.7 %

1673.5 %

12

損保ジャパンひまわり生命

1486.1 %

1206.0 %

13

ソニー生命

1453.3 %

1354.2 %

14

アイエヌジー生命

1392.9 %

1317.1 %

15

エイアイジー・スター生命

1307.9 %

1267.6 %

16

損保ジャパンDIY生命

1252.1 %

1898.2 %

17

ジブラルタ生命

1157.1 %

1123.8 %

18

アリコジャパン

1148.7 %

1152.9 %

19

アメリカンファミリー

1110.1 %

1292.1 %

20

三井住友海上きらめき生命

1100.8 %

1549.2 %

21

エーアイジー・エジソン生命

1041.7 %

911.7 %

22

大同生命

1034.9 %

860.2 %

23

プルデンシャル生命

1030.1 %

1096.8 %

24

マニュライフ生命

1019.6 %

770.4 %

25

ティ・アンド・ディ・フィナンシャル生命

984.8 %

1031.9 %

26

日本生命

893.8 %

630.6 %

27

太陽生命

863.3 %

681.5 %

28

富国生命

854.0 %

650.5 %

29

オリックス生命

817.8 %

813.1 %

30

第一生命

803.2 %

543.5 %

31

明治安田生命

747.9 %

--- %

32

カーディフ生命

710.2 %

880.7 %

33

アクサグループライフ生命

694.2 %

392.2 %

34

ハートフォード生命

685.6 %

1192.2 %

35

住友生命

673.5 %

497.9 %

36

三井生命

654.6 %

410.4 %

37

朝日生命

560.3 %

360.4 %

38

マスミューチュアル生命

521.7 %

740.3 %

39

大和生命

489.7 %

406.4 %

40

あおば生命

321.9 %

468.2 %

 

 

この数字と色分けの意味は??

 

次回 解説します・・・(^^)

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『ワンクリック』(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせて

あげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

 

■お久しぶりです!(^^)

大阪屋

訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 何よりのエネルギーです!!

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 

皆さん 本当にお久しぶりです(^^)

 

まずスンマセン

このところ本業が忙しくて

全く更新をできない状態でした

 

というのも

来月6月に

 

なんと!

10年間勤めた 外資系生保を退職し

生損保・乗り合い代理店として

独立することにしたからなのです!!

 

そんなことで

挨拶回りやら、何やらで

なかなか 原稿書きに取組めない状況だったのですが・・・

 

まだ挫折したわけではありません!!(^^)

お読みいただいていた皆様、ご安心ください(^^)

 

お伝えしたい と思っていることが

まだまだ 一杯(イッパイ) あるのです!

 

バタバタ状態は6〜7月と

続きますが 

更新頑張ります

応援をお願いします

ブログランキングへのクリック応援が

http://hokendoctor.livedoor.biz/

一番効きますです(^^)

 

しかし、こうして お客様のところに

挨拶回りをしてると 

いまさらながらですが

改めて 勉強させていただくことが多く

 

やはり人と接する仕事は素晴らしい

人生『出会い』が決めるんだなと

改めて 実感した次第です

 

今回の写真は 

私のお客様のひとつで

草津温泉の 老舗和風旅館である

『大阪屋旅館』 様です

 

ここは私が 小学生の時に 

両親に連れて来てもらったところで

若くして亡くなった兄とも

一緒に来た

いい思い出のある 旅館なのです

 

草津の地に 最初に紹介で

やって来られたところが この旅館なので

なんという 縁なのだろうと

感動し また 感謝した

ことを鮮明に思い出します

 

これから写真では

お客様に関わるものを

少しずつ 出していきたいと思っています

 

では今後とも

この ブログの応援を

どうぞヨロシクお願い致します!(^^)

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『ワンクリック』(^^)お願いいたします⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

■”格付け”パート2!

夜のハイウェイ
 

訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 あるから頑張れます!!

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 

 

今回は “格付け” の見方・読み方 についてやります(^^)

 

前回オススメした 

『スタンダード&プアーズ』 の格付けについての解説です

 

 

『当該債務を履行する債務者の能力は』 という部分を

 

⇒ 保険会社の 財務力は

 

と読み替えて頂ければ分かりやすいと 思います

 

<スタンダード&プアーズの格付けの見方>

 

「AAA」   「当該債務を履行する債務者の能力は」 きわめて高い

「AA」    「当該債務を履行する債務者の能力は」 非常に高く、AAAと 

        の差は小さい

「A」     「当該債務を履行する債務者の能力は」 高いが上位2つの 

        格付けに比べ、事業環境や経済状況の悪化からやや影響

        を受けやすい

「BBB」   「当該債務履行のための財務内容は」適切であるが、事業

        環境や経済状況の悪化によって当該債務を履行する能力が

        低下する可能性がより高い


BBB」 より下位の

BB」  

「B 」 

「CCC」 

「CC」 

「C」

に格付けされた債務は投機的要素が強いとみなされる

 

この中で「BB」は投機的要素が最も低く、

 

C」は投機的要素が最も高いことを示す

これらの債務は、ある程度の質と債権者保護の要素を備えている場も

あるが、その効果は、不確実性の大きさや事業環境悪化に対する脆弱さ

に打ち消されてしまう可能がある

 

つまり スタンダード&プアーズ では

 

「AAA」 から 「BBB」 までを

安定的な上位クラス と位置づけており

 

「BB」 以下の 投機的な下位クラス と

明確に区別していることが分かります

 

 

さて、それでは

この情報を 「保険会社の選択」 にどう活かしていくのか

 

まず 「生命保険会社」 の場合 過去の事例からすると

危ないと言われ 格付け等が悪化し始めてから 

 

実際に 倒産するまでに 相当な時間が掛かるのが一般的です

 

「損害保険会社」 は生保会社に比較して

もともと企業規模が小さいこともあり 

再保険の状況によっては、大事故があるとそれだけで 

短期間につぶれることもありますが

 

生保は 過去の実例では 格付けが 

BBB BB B CCC CC という具合に

 

時間をかけて 格付けが低下した上で つぶれていきます

 

危ない会社 と言われてから 何年も経つという例が

いくらもあるのが 生命保険会社です

 

ということは

 

経営が悪くなったという「アラーム」が鳴り始めてから

実際に倒産するまでに 時間的な余裕があるので

 

その間に 他社の保険に加入しなおすという方法で

避難をすることは 健康であれば 可能なのです

 

いずれにしても

これから 新たに保険に加入されるなら

 

「AAA」 から 「BBB」 までの

安定的と 評価されている会社にされることを オススメ 

致します

 

そして 加入されている保険の 保険会社の格付けが

「BB」以下になってきたら

 

格付け情報を 十分にチェックするようにし

「CCC」になったら 

 

具体的に 保険会社の変更を検討する

という具合に 活用していけば良いのでは と考えています

 

(私自身ももちろん保険に加入してますが、上記の考え方に基づいて

判断しています)

 

いかがでしょうか

 

では 次回は

「ソルベンシーマージン 支払い余力」をやります(^^)

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『ワンクリック』(^^)お願いいたします⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

■”格付け”ってどうなの?(^^)

ラーメン

訪問ありがとうございます!

 

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリック!での応援” を

 励みに原稿書いてます(^^)

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 

これがあの有名な一風堂のラーメンです

前から旨いとは思ってましたが

改めて 感動しました!

トッピングのねぎは不要でした

もともと十分のってます

 

では本文です(^^)

 

 “格付け” という言葉を

最近色々な場面で目にしますね。

グーグルで見てたら、『男の格付け』なんていう表現もあったりして

結構ドキッとしたりしました(^^)。

 

さて

“格付け” の意味ですが

 

ざっくりいうと

国や企業等の財務面から見た成績表 といったもので

AAA AA BBB CC といったスコアで表わされます

 

もう少し詳しくいうと

格付けを専門とする 格付け機関が

 

国債や社債等の 「債券」 を発行する発行元(=国家や企業等) の 

財務力を評価しスコアとして 表示したもの

ということになります

 

国債は 国が国債・購入者から 借入をすること ですし

社債は 企業が社債・購入者から 借入をすることです

 

いずれも借入ですから 一定の利息を付けて

一定期間後 国や企業が 購入者へ

お金を返済しなければなりません

 

ということは

国や企業がつぶれると

国債や社債の購入者は 

国や企業に 貸したお金が 返ってこなくなり 困ります

 

それで 

国債や社債の発行体である

国家や企業に お金を返済する財務力が 

あるかどうか 判断する基準として 

“格付け” が登場し

 

さらに応用されて

金融機関(保険会社や銀行等) の財務・健全性を判断する

一つの基準として 活用されるようになったのです

 

借入(債務)の支払い能力と 金融機関の健全性は

必ずしもイコールではありませんが、

目安として活用することは十分可能だと考えられており

最近で ごく当たり前に広く利用されています

 

主な 格付け機関 には

 

■スタンダード&プアーズ  http://www.standardandpoors.co.jp/

■ムーディーズジャパン   http://www.moodys.co.jp/

■日本格付研究所      http://www.jcr.co.jp/

■格付投資情報センター  http://www.r-i.co.jp/

 

があります

 

保険会社の格付けをチェックされる場合は

スタンダード&プアーズが 一番オススメだと思います

 

世界的に評価の高い 格付け機関であることと

日本の保険会社について ほぼ全てが網羅されているからです

 

ムーディーズジャパンも 非常に評価の高い格付け機関ですが

日本の保険会社で 掲載されてない会社が 結構あるので

その意味からは不便と言わざるを得ません

是非情報を整備していって頂きたいと思います

 

<スタンダード&プアーズでの “保険会社の格付け” の調べ方>

 

     上記のURLから HPに入り

 

     左のメニューバー から 「信用格付け」 の 「格付けリスト」 をクリックし現れた画面の また左のメニューバーから

 

 「事業法人・公益事業別」 の 「保険会社」 をクリックいただくと

PDFファイルで 最新の情報が取得できます!!

 

次回は ”格付け”の見方 についてです(^^)

 

 一風堂

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『ワンクリック』(^^)お願いいたします⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

■保険会社はどこがいいの?

白身魚

訪問ありがとうございます!

 

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 何よりの励みです!!

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 

皆さんお久しぶりです(^^)

少しお休みを頂いておりました

白身魚がさっくりホクホク美味しかったのと

プレートが美しかったので

載せてみました

それにしても食事が旨いのは幸せですね〜!

皆さんはいかがおすごしでしょう?

 

『保険会社はどこがいいの?』

 

あなたは生命保険に加入されるとき

どうやって 保険会社を 選びますか?

 

CMをたくさんやっている会社でしょうか?

 

どこかで 聞いたことがある会社が安心でしょうか?

 

知っている人がセールスをしている会社でしょうか?

 

ダイレクトメールが来た会社でしょうか?

 

インターネットで資料請求した会社でしょうか?

 

 

それとも・・・

考えたことがない という方も結構多いと思います

 

しかし

前回お話したように

 

保険会社がつぶれると

あなたの 財産(保険)が 大きく損なわれます!

貯蓄や節約 どころの話ではなくなります!

 

さらに

保険の場合 考えておかないといけないのは

 

新規契約に当たっては

健康の告知が必要になるという点なのです

 

保険会社を 変わる場合も 新規契約になるので

健康の告知は必要なのです

 

ですから

 

もし 健康状態が悪くなると

保険会社の 移行自体も できなくなる可能性がある

ということになります

 

この点は 株式や債券また預金等 他の金融商品と

決定的に違う ポイントなのです

 

ということは

「これから 初めて生命保険に加入するよ」 っていう方も

「見直しをしたいんだ」 という方も

 

保険商品はもちろんですが

それ以前に 保険会社自体を十分チェックをして

 

より つぶれにくい 保険会社を 

選択しておくことが 非常に重要になってくるのです

 

ということで

『保険会社の選択』 は第一番に 大切なテーマなのです!!

 

 

そして

■保険会社を選ぶ基準 としては3つポイントがあると思います

 

     保険会社の財務体力(つぶれにくいかどうか?)

     必要とする 保険商品があるか?ないか?

     担当営業マンの良し悪し・相性

 

まず

     保険会社の財務体力 についてですが

 

残念ながら

絶対つぶれない会社の見分け方というものはありませんし

 

そもそも 絶対つぶれない会社自体

当然のことながら有りません

 

そこで ここでは

より つぶれにくい保険会社を 見分けるための

『選ぶ基準』 を見ていきたいと思います

 

 

『選ぶ基準』 は 2つ あります

 

1つは

■金融機関の格付け情報 です

 

もう1つは

■ソルベンシーマージン比率(支払い余力比率) です

 

 

次回はこの2つを見ていきたいと思います

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『ワンクリック』(^^)お願いいたします⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

 

■保険会社がつぶれるとあなたの契約はどうなるか?

鳥居

■ご訪問ありがとうございます!

 

■人気ブログランキングへ参加しています

  皆さんのクリックでの応援が何よりの励みに

  なっています(^^)  

http://blog.with2.net/link.php/65461

 

後ろは

神戸製鋼のビルです

 

 

 

 

保険会社がつぶれると

あなたの保険契約はどうなるのか?

 

もちろん

たいていの場合

はっきり言って困ったことになります

 

保険で節約どころか 

苦労して積み立ててきた

財産の一部を

一瞬にして失うことになるかもしれないのです!!

 

 

過去の実例から

まず簡単にポイントをみると

 

  保険会社から受取れるはずの金額

  (保険金・満期金等)が減少する

 

  つぶれてから一定期間は 

  解約金が一定割合の減額をされる

 

2点で困ったことになります

 

 

最近少し話題から遠ざかっていますが

過去につぶれた生命保険会社としては

 

日産生命 東邦生命 第百生命 大正生命 

千代田生命 共栄生命 東京生命

7社があります

 

規模の大きい東邦生命とか千代田生命が破綻した時は

社会的な影響が大きく本当に大変でした

 

これをお読みいただいている方の中にも

影響を受けた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

生命保険会社の責任の重さを

改めて認識したことを思い出します

 

 

さて

破綻時の影響について

もうすこし詳しく解説すると

 

保険会社が破綻した場合

まず原則、

保険契約は別の保険会社にひきつがれます

 

引き継ぐ保険会社が現れなくても

生命保険契約者保護機構にひきつがれます

 

契約が無効にはなりません!

まずはご安心を!

 


ただし、契約が引き継がれるときには

次の3つの条件が付きます


1)”責任準備金” が最大で10%減らされる。
2)”予定利率” が引き下げられる。
3)一定の期間 ”早期解約控除” がもうけられる


専門用語ばかりで 分かりにくいですよね

 

1)”責任準備金”とは

 

  保険会社が 皆さんへ約束した支払いのために

  預かった保険料から 一定金額を積立てている その金額のこと

 

責任準備金の金額と 保険金額はリンクしているので

責任準備金が削減されると それに準じて 

保険金額も 減少されます!!

 

2)”予定利率”とは

 

  契約者から集めた保険料を何%で運用できるか予想し

その分保険料を割引くときの率

保険料を決める 重要な基準のひとつ

 

予定利率が高いと ⇒ 皆さんが払う保険料は安くなります

予定利率が低いと ⇒ 皆さんが払う保険料は高くなります

 

破綻して 予定利率が引き下げられると

保険料は 高くなります!!

 

3)”早期解約控除”とは

 

  解約件数の激増によって資産が急速に流出すると

会社運営が困難となります

そこで 保険契約を継続いただくために、

一定期間内の解約に対し

契約条件変更後の解約返戻金等から

更に一定の割合で削減することで 

解約件数を減らそうという制度

 

要するに 解約が通常より不利になる ということです!!

 

 

ということで

貯蓄性の高い保険 

(⇒年金保険、終身保険、養老保険など)

特に 予定利率が高い時期 に加入していたものは、

保険金額や年金額が

契約時よりも大きく減ってしまう可能性があります

 

 

一方で

定期保険や医療保険などの

掛け捨てタイプの保険はあまり影響を受けません


このように保険金額がどうなるかは

加入した時期や保険の種類によって異なります


もし加入している保険会社が破綻したら、

自分のケースはどうなるかを

まずきちんと確認することが大切です

 

 

破綻後すぐの解約は、解約控除があるために、

特に損が大きくなります

冷静に対処しましょう!

また、保険会社がつぶれそうといううわさをきいて

あわてて他社の保険に乗り換えるのも、得策ではありません


今の保険を解約して新たに加入すれば、

予定利率の低い保険に加入することになります

 

また契約年齢も高くなるため、同じ内容で加入し直せば

保険料は前より高くなります

 

契約内容に問題がないなら、

他社で新規加入するメリットはほとんどありません。

多くの場合、そのまま続けた方が有利です

新たに入り直した方がいいのは

今加入している保険の保障内容が自分に合わないというケースです

 

こういうケースでは、

保険会社がつぶれそうかどうかにかかわらず

今スグ 見直すべきなのです!

 

次回は 保険会社の選び方を やります(^^) 

 

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『愛のワン・クリック』をお願いいたします(^^)。

 

http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください。

 

きっと喜んでもらえると確信しています。

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

■入院保険『選ぶ基準』3⇒入院何日まで支払われるか?2

 
お酒

訪問ありがとうございます!

■多くの方の意見をお聞きしたいと思います

こちらの<ブログランキング>への

ご協力をお願いいたしま〜す(^^)!!

http://blog.with2.net/link.php/65461

 (できれば一日一回クリック!クリック!)

 

 

前回の内容は、一回目アップしたものを後でみると

いくつか分かりにくい部分があったので修正してみました

4月13日最初アップした内容に「???」を感じた方は 

もう一度覗いてみていただければ幸いです(^^)

 

では

前回に引き続き

今回は

 

■ 入院保険・選択の 3つの大きな “カンドコロ” ■

 

‘院一日あたり いくら支払われるのか? 

何歳まで 保険が有効なのか?  

F院期間の何日まで支払われるのか? 

 

のうちの

 

3つめの “カンドコロ”

『入院期間の何日まで支払われるのか?』 

について 2回目いきます !! 

 

= 『一入院の上限日数』 の話です(^^)

 

 

■一入院のタイプには

 

60日型 90日型 120日型 180日型 360日型 730日型 1000日型

 というのがありました

 

じゃ この『上限日数』 は 何日の保険 を選んだらいいのか?

 

この 『選ぶ基準』 となる データについて見ていきます(^^)

 

データは厚生労働省のものです

(入院患者の入院期間別 構成割合 H11年)

 

■入院期間が 60日以下は   60%

 

■入院期間が 90日以下は   67%

 

■入院期間が 360日以下は  83%

 

■入院期間が 730日以下は   89%

 

■入院期間が 730日超は    11%

 

これからすると

 

730日型は 入院の9割をカバー できる!

 

360日型は 入院の8割をカバー できる!

 

ということになります

 

 

ちなみに

今現在 最も加入実績が多いのは

120日型です

 

厚生労働省のデータに

 

“120日以下” という区切りでの データがないのが残念ですが

 

上のデータから推測すると

 

控えめにみても 

120日型で 約7割の入院はカバー できる! 

 

と考えてよいのではないでしょうか?

 

ところで 

この 『一入院の上限日数』 は

皆さんが 支払う保険料 に

どんな 影響があるでしょうか?

 

 

節約という意味からも

大事ですよね(^^)

 

 

皆さんにとっては

『一入院の上限日数』 は

もちろん 長ければ長いほど 保険として

安心で 良いのは 当たり前ですが

 

一方

保険会社の立場で考えると 

『一入院の上限日数』 は

長ければ長いほど 顧客に 支払わないといけない

“入院給付金の金額” が多くなるので

その分 たくさん資金を 集めないと事業が成り立ちません

当然 皆さんが支払う保険料も 高くなるというわけです

 

逆に この部分を ぐっ〜と短く 

60日型とかにすると 

保険会社が 皆さんに支払う

“入院給付金の金額” は

730日型や360日型 に比べれば減るので

当然 皆さんが支払う保険料も 安くなる ということなのです

 

 

しかし 

60日型の場合 

入院全体の 6割のみ カバー 

ということになります!!

 

 

ただし 一方で生命保険文化センターの

70歳未満の方6000人へのヒアリング調査によると

(H16年 生活保障に関する調査)

 

9割(91%)の人は60日以下の入院である

(70才未満に限定したデータです)

というデータもあり迷うところです

 

この辺りのデータは今後さらに詳しく調べていって

皆さんが より 安い保険料で

役に立つ保険を 選ぶため の

情報を しっかり 発信していきたいと考えています(^^)

 

 

ただし

ここまでのデータでひとまず 

皆さんが選択するための

方向性をひとつだしていくとすると

 

やはり 

高齢になってからの入院が多いこと

高齢になってからの入院は 期間も長くなること

 

高齢になってからの 入院は 

ひとつの病気での入院から

派生して 症状が発生し

入退院 転院 等 を繰り返す

ケースも少なくないこと

 

しかも

老人健保 も現状の財政状態を考えれば

将来的には 100%安心というわけでもない

等々を考え合わせると

 

自助努力で加入する

入院保険の 『一入院の上限日数』は

 

 

360日型以上が望ましく

少なくとも 120日型 は確保していただきたい気がしています

 

最近60日型 というのが

保険期間 『終身』 の 入院保険 で

多くなりつつありますが

 

 

ちょっと思い出してみてください

80才での 生存率は

男性:6割 女性:8割

しかも

日本人の約8割は

入院をして 病院のベッドで 最期を迎える

4月5日号に詳細掲載)

 

要するに

80才以上 長生きする可能性が高く!

しかも 入院を経て 病院で亡くなる! 

というデータでした

 

70才未満の方の入院日数が

9割は60日以下というデータを

重視しすぎると

選択が少し 偏る気がしませんか??

 

 

私自身は 

高齢化社会を 見据えて考えると

60日というのは少し短いかな? と 

若干疑問を感じていますが

 

今回のデータを ご覧頂いた上で

皆さんは どうお感じでしょうか?

 

ご意見ご感想を頂ければ幸いです(^^)

 

 

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『愛のワン・クリック』をお願いいたします(^^)。

 

http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください。

 

きっと喜んでもらえると確信しています。

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

■入院保険『選ぶ基準』3⇒入院何日まで支払われるか?

甘いもの

訪問ありがとうございます!

■多くの方の意見をお聞きしたいと思います

こちらの<ブログランキング>への

ご協力をお願いいたしま〜す(^^)!!

http://blog.with2.net/link.php/65461

 (できれば一日一回クリック!クリック!)

 

彩りがキレイなので載せてみました(^^)

 

 

さて今回は

 

■ 入院保険・選択の 3つの大きな “カンドコロ” ■

 

‘院一日あたり いくら支払われるのか? 

何歳まで 保険が有効なのか?  

F院期間の何日まで支払われるのか? 

 

のうち

 

3つめの “カンドコロ”

『入院期間の何日まで支払われるのか?』 

について 1回目いきます !! 

 

一般的には 『一入院の上限日数』 といわれます

 

そしてこれは

ガッチリ 中身のある 入院保険を選ぶための

実は 本当に重要な 

でも隠れてる “カンドコロ” だと思います!!

 

なぜか?

それは

 

『一入院の上限日数』 をどうするかによって

あなたが

入院給付金を 何日分

受取れるか どうかに?

大きく影響 するから!!

 

ということと 同時に

 

『一入院の上限日数』 というのは

皆さんにとって 

分かりにくい

目立たない

つまり チェック できにくい

ポイントだからなのです!!

 

 

ポイント,痢 愼院一日あたり いくら支払われるのか?』 とか

 

ポイント△痢 慍榛个泙如(欷韻有効なのか?』 とかは

 

まだ わかりやすい ポイント だろうと思います

 

一方で

この 『一入院の上限日数』 は 何のことだろう???

というのが正直なところだろうと思います

 

簡単にいうと

 

一回の連続した入院(これを一入院といいます)で

入院給付金が出る 上限日数 ってことです

 

入院保険は 一般に 

保険期間 全ての累計では 700日〜1000日の

入院給付金 支給可能 日数があるのですが

一回の連続入院日数の上限は 

それより ずっと短いものが 多いのです

 

あまり分かりやすくないですよね スイマセン(^^)

 

でも それだからこそ

隠れた “カンドコロ” になるのですね!

ここは 面倒がらずに ゼヒお付き合いください(^^)

 

 

     一入院のタイプには

 

60日型 90日型 120日型 180日型 360日型 730日型 1000日型

 

まぁ 様々あります

 

ちなみに あなたは 今自分が入っている保険

何日型かわかりますでしょうか?

 

重要なので 今スグ チェック チェック!!

 

 

一入院の意味を

 

<ケーススタディ> で見てみると

(ここでは免責期間は考慮しません)

  

●もし 何らかの病気で 連続200日入院 すると

 

⇒あなたが加入している保険の一入院の上限日数が

 60日型  90日型  120日型 180日型 の場合 

 いずれも 200日すべては 支給されません!

 足切があります!

 

 60日型の場合 60日の給付で 140日分は出ません

 90日型の場合 90日の給付で 110日分は出ません

 120日型も180日型も同様です

    

   ⇒360日型 730日型 1000日型 の場合は 

    200日分すべて 支給されます!

 

     では あなたが 90日入院した後 一度退院して

数日後 同じ理由で再入院して80日いたらどうなるのでしょうか?

 

この例で 加入している保険は 120日型とします

 

原因が同じ入院の場合 前の入院との間隔が 

 180日以上(保険会社によって差はあります) 

 間が空かないと 通算されるため 170日の入院とみなされ

 足切があり 120日分しか支払われないのです!

 

もちろん 入院の原因が全く異なるケースでは

  一入院の上限という制限がリセットされるので

    90日+80日=170日分 すべて支給されます

 

 

今日はここまで(^^)

 

明日は入院データを見ていきます

 

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『愛のワン・クリック』をお願いいたします(^^)。

 

http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください。

 

きっと喜んでもらえると確信しています。

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

■入院保険『選ぶ基準』2⇒”保険期間”靴任后福亜亜

67cc8af9.JPG

訪問ありがとうございます!

■多くの方の意見をお聞きしたいと思います

こちらの<ブログランキング>への

ご協力をお願いいたしま〜す(^^)!!

http://blog.with2.net/link.php/65461

 (できれば一日一回クリック!クリック!)

 

よく通る『外苑前の通り』 

スタバのアイスカフェモカで”一休み”したい気分です(^^)

 

今回は4月8日の続きです

(入院保険の『選ぶ基準』 について4月3日から連載しております)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4月8日のレビュー

 

逆に 『保険期間』 を短くすれば

見かけの 『月払い保険料(支払い)』 自体は

いとも 簡単に 安くすることができます

 

<例えば>

 

30歳男性の場合で

入院日額10,000円

一入院の上限 120日型 

は同じ条件として

 

保険期間 終身

保険料の払込期間  70歳

この場合の月払い保険料は  5,550円

 

保険期間  10年

保険料の払込期間    10年

この場合の月払い保険料は  3,040円

 

本当に  見かけの 『月払い保険料(支払い)』 を

安くすること自体は いとも簡単に できるのですね〜

 

でも

ちょっと待ってください!!

 

 

そんなに、差があるってことは 何かあるとは 思いませんか(^^)???

 

次回は、それぞれの メリット デメリットを についていきます!!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ってところからです。

 

前振りが長くてスイマセン(^^)

 

その“差の意味”は、40才になると 分かってくるんです(^^)

 

30才で期間10年の保険に加入したわけなので

40才になると 一度終了し

継続するには 延長(更新といいます)手続き

が必要になります

 

そして  この場合

 

延長すると 保険料(支払い)が 25%アップ するからです!

                  (3040円⇒3810円) 

 

50才になると そこからさらに なんと 49% もアップ して

                       (3810円⇒5680円)

 

この時点からは 保険期間 “終身”の保険料より高くなってしまいます

 

保険料(支払い)の推移を見てみると

 

      30〜40才  40〜50才 50〜60才 60〜70才 70〜80才

10年もの 3040円  3810円   5680  10280  19250

終身もの 5550円  5550円   5550円   5550円  ゼロ円

                        ↑    

                     (逆転現象!)       

 

<コメント>

 

以下、このケーススタディに限定してコメントしますが、他のケースでも

応用して考えられる部分は多いと思います

 

     50才までは 圧倒的に “10年もの” が有利! 

 

     50才を過ぎると “10年もの” の方が高くなります

 

     70才で “終身もの” は支払いが終わって 

  しかも保険は一生有効です

 

10年もの” はまだあと 10年支払いがあり それも19250円 

 と高くなります

 

年金収入の厳しさが予想される中 年間 約24万の保険料は 

家計にとって 相当大きな負担でしょう

 

     80才以降 “終身もの” は既に支払終了で 

  しかも 保険はずっと有効です

 

10年もの” は  これ以降はいくら「払う」といっても 延長できません!!

 

しかし 80才での 生存率はまだまだ 高く

  男性:55%  女性:76%  でした(4月5日を参考)

 

 しかも 日本人の約8割(78%)の人が

 入院をして 病院のベッドの上で 最期を迎える(4月5日を参考)

 

 でした

 

     こう見てくると 保険期間は 相当重い意味がありますね!!

 

 

     最後に 80才まで 生存した場合の 総支払い金額を チェックすると

 

保険期間10年 5,047,200円(解約金ゼロ)

 

 保険期間終身  2,664,000円(解約金100万アリ) 

 

 

 

■ ねっ!!スグ 100万単位で 節約 できそうですね

 

 

<メリットとデメリット>

 

     保険期間 10年 

 

メリットは ⇒  若い年代において 安い保険料で 保険に加入    

          できる この一点につきます!

 

デメリットは ⇒ 10年ごとに 保険料がアップし

           60才以降の  保険料は相当高くなる 

             保険を続ける限りは 保険料の支払いも続く

             80才で保険は終了し 継続はできない!

             総支払い金額が 結局大きくなる

 

     保険期間 終身

 

メリットは ⇒ 保険料は ずっと一定金額

         保険料の支払いは 70才で終了

         保険は 終身(死亡するまで) 有効である

         総支払い金額が 少なく済む上 さらに解約金も

         ある

 

デメリットは ⇒ 若い年代は 10年もの に比べ  保険料が高

          くなる 

              

 

 

とにもかくにも 内容どうのこうのではなく 

保険料を安くすることが 最重要であったとするなら

 

10年とか15年の 短期間の定期保険が 適していると考えられます

 

しかし

 

50才以降での入院が全体の 約8割を占めていることをや

(50才以降 入院発生件数79% 平成13年厚生労働省)

 

公的な老人医療保険への不安を 感じざるを得ないことや

 

会社の福利厚生制度があっても 当然60〜65才までであることや

 

県民共済 全労災等 共済も 病気入院について 65才程度までで

あること

 

を考えると

 

民間生保で 自助努力として 入院保険を選ぶなら

 

『保険期間』は ”終身”を オススメ したいと思います

 

 

それでも

保険料の問題が どうしても大きいという場合は

 

例えば

 

10年もの 入院日額5,000円

終身もの  入院日額5,000円

 

というように

 

一部でも 終身もの を組み合わせておくことを 

オススメ したい気がしています

 

いかがでしょう?

 

 

さて 皆さんは ここまで読んで どんな風にお考えでしょうか??

ご意見を お聞かせ頂ければありがたいと思います!!

 

 

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『愛のワン・クリック』をお願いいたします(^^)。

 

http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください。

 

きっと喜んでもらえると確信しています。

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

■著書の紹介『特典あり?』(^^)

著書 FPの知恵袋

訪問ありがとうございます!

■多くの方の意見をお聞きしたいと思います

こちらの<ブログランキング>への

ご協力をお願いいたしま〜す(^^)!!

http://blog.with2.net/link.php/65461

 (できれば一日一回クリック!クリック!)

 

 

 

 

 

  

今日はちょっとコーヒーブレイクということで

著書のひとつを紹介させて頂きたいと思います

 

今回は

 

「FPの知恵袋」

−自己責任時代を生き抜くためのライフプランアドバイス−

(株)ビーケーシー

千葉エフピー協同組合

定価:本体1400円+税

 

私が8年千葉の幕張に住んでいた時に参加させて頂いた

千葉のファイナンシャルプランナー協同組合の仲間と

共同執筆したものです。

私は PART4 リスクと保障編の一部を担当させて頂きました

 

初版は2000年10月です

内容は

個人の生活での

『お金に関わること全般』 について

“専門家” によるアドバイス するというものです

 

ちなみに専門家とは

税理士 社会保険労務士 

ファイナンシャルプランナー

司法書士 不動産鑑定士 医業コンサルタント

といった方々です

 

内容を目次から抜粋すると

 

■ライフプラン編

ライフプランって、なに?

社会保険・公的年金について

結婚資金について

教育資金づくりを始めたい

老後の生活費が心配。どの程度用意しておけばいい?

退職時や退職金の税金について教えて

相続税って、どの位かかる?

等々

 

     金融資産運用編

金融商品を選ぶポイントは?

税金が掛からない貯蓄って?

固定金利・変動金利 どっちか有利?

リスクを減らす方法を教えて

金融機関が破綻したらどうなるの?

等々

 

     マイホーム編

いくらの家なら買えるの?

頭金のため方は?

かしこい返済計画の立て方

住宅ローン見直しのポイント

購入前のチェックポイントは?

等々

 

     リスクと保障編

生命保険と損害保険 どう違う?

本当に必要な保障を教えて

定期保険はどう使えば効果的?

終身保険ってどう役立つの?

養老保険の仕組みを教えて

生命保険を見直したい

生命保険の見直し(独身編・夫婦編・保険料の軽減編)

自動車保険の選び方

火災保険の選び方

等々

 

当初、正直言って 私は余り 書店で “売れる” とは思えず

もっと言えば 

初版にして絶版になる可能性もあるな(^^)と思い

協同組合から 約400冊程 購入をしました

 

ところがところが これが 嬉しい誤算でケッコウ売れまして

現在3版目で4版目の準備もスタートしています

 

内容や装丁など全てにおいて 

硬すぎず やわらかすぎず の

バランス感が 良かったのではないかと

勝手な分析をしていますが よくは分かりません(^^)

しかし とにかく “売れてる” のです

 

そして私のところには 129冊の初版本が積まれております・・・トホホ

 

もしご関心のある方がいらっしゃるようでしたら 

コメントなり トラックバックなりで

「本希望」と

意思表示をしてみて頂けますでしょうか(^^)

 

 

 

<注意>

初版2000年ですから

その後『税法』は相当変更されております

特に相続税については その後大幅な改正がありましたので

ご注意ください

 

ただ ものごとの基本思想がそうそう変わるわけではありませんから

考え方のガイドとして 

また FP本のおためし等に お使いいただく程度としては 

意味が無い訳でもないかなと思っております

 

まっさらな本を捨ててしまうことに 

どうしても抵抗感があって 発信してみました

 

 

■追伸■ 

現在オープン2週目で 毎日200〜400 のアクセスがあります

希望される方は 早めのお申し出をお願いします!! (^^)

 

 

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非

 

『愛のワン・クリック』をお願いいたします(^^)。

 

http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください。

 

きっと喜んでもらえると確信しています。

 

 

では、次回をお楽しみに・・・

http://keystone-a.net/pimages/ad/bnr_mammoth.gif







タグふれんず
  • ライブドアブログ