古川徹のココだけの話

★おかげさまで10期目を迎えました★

■出版用の写真撮影

キプシー様記念撮影

皆さんは写真映りに自信がありますか?

私は正直あまりありませんでした・・・。

特に集合写真で距離をおいて撮る時など、メガネが光って全然表情が分からないということが多く嫌でしたね。

笑顔にしても歯を見せて笑うのも結構難しいものですよね。

今まで、マスコミの方に何回か取材を頂いて撮影がある度に「うまく撮ってもらえるかな?」と、ちょっと気が重かったりしていた思いがありました。

今回は、出版物の帯につかう写真を用意する必要ができてまた「写真、しっかりしたポートレイト撮らなきゃ」と思っていたところに、ベストセラー作家の下川浩二さんに「いいカメラマンさんがいるよ!絶対写真はイイの撮らなあかん!」とアドバイス頂き即決したのです。

で・・・、

撮ってもらった作品がこちらです。

■出版する本の帯に、じっさい載る写真!

書籍用写真

 

 

 

 

 

 

■動きのあるスナップ写真も何枚か撮っていただきました。

動きのある写真

 

 

 

 

 

 

自分の自然な表情を引き出して頂けたので大満足しています。

ポイントとしては、

もちろん、善本さんのカメラマンとしての技術が素晴らしいということが大前提なのですが、それにプラスして妹さんと一緒にされている撮影前からの雰囲気作りがとてもリラックスさせて頂き、心地いい撮影を実現されているのだな、と感じています。

顔のマッサージからスタートして、表情筋を和らげ、

会話をしながら、大量に撮影し(70枚程度)納得いく表情のものを撮っていく。

なれない人でもこれ位沢山撮ってもらえると、だんだんカメラ慣れしてくるのではないかと思います。

私の場合は、妹さんが上手く弊社の仕事の話を聞いて下さったので、一生懸命ご説明しているうちに、カメラに意識が向かなくなり自然な表情が出来るようになったような記憶があります。

■いい表情の写真が欲しい方は・・・是非おススメします!

善本喜一郎 さん
日本広告写真家協会正会員
KiPSY Kiichiro Photo Studio Yoshimoto
サンキ株式会社
〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-21
ニュー大崎マンション603号
Tel:03-3495-0219 Fax03-3495-0259

新たな”あなた”を・・・・
http://www.kipsy.jp

ブログ:広告写真家という仕事
http://plaza.rakuten.co.jp/kipsy/

紹介頂いた下川さんにも感謝です!

ありがとう〜

 

偉大な稲盛和夫氏☆

f8cdede5.jpg今回はオススメ本です。

京セラ創業者の稲盛和夫氏の 『生き方』 という本です。

はっきりいって全編に素晴らしいことが書いてあります

別に経営者に限らず あらゆる層の方に勉強になり参考になる本だと思います。

僕なりにこの本で感じたポイントを書きます。

「 生まれた時より、去っていく時の方が少しでも精神が成長している、ということが人生の目的であり 」

「その精神修行の方法として仕事程あっているものはない」

「 だからこそ仕事に打ち込むことは素晴らしいし、また人生の本来的な目的にもかなっているのだ」

という考え方で 大変納得出来る素晴らしい考えだと思います。

この考えを基本として生きていたらまず大きな間違いは起こりえないですから。

何度も読んでこの考え方を体に染み込ませたいと思います

事務所の雰囲気☆

7af4cb3b.jpgちなみに最近の事務所です みんな真面目にやってくれています 本当にありがたいです(^O^)/
来年は一層働きやすい職場作りを推し進めくちゃ!

日経マネーに掲載★

2007年の締めくくりに相応しい嬉しいご報告があります!

今月販売されている「日経マネー」に

”保険マンモス”がかなりの露出度で掲載頂きました。

日経マネー1

 

 

 

 

 

 

多くのアクセスを集めるサイト運営者として、今年一年の「保険商品のトレンド」についてのコメントを求められたのですが・・・

弊社のスキルの高いパートナーFP様からの、大量な成約データの元データをご覧頂いたところ非常に喜んで頂き、その情報をもとにしたランキング表を日経マネーさんが独自に作成され掲載されていました。(P66)

弊社が他の保険比較サイトと大きく異なる点は、このパートナーFP様のレベルの高さにあります。

そして、それだけレベルの高いFPがユーザーのニーズを把握して成約に至ったデータというところに価値があるのです。

日経マネー2

 

 

 

 

 

 

あと、サイトイメージも小さいながら掲載して頂けたことを喜んでいます。

来年は、銀行等の本格参入を受けて、独立系ファイナンシャルプランナーによる保険相談が一気に普及期を迎えることになります。

来年は大波が来ます(^^)。今から楽しみです!

 

師走伊勢丹の凄さ☆

e19f16b3.jpg今日は朝から年始の買い出しに行ってますが…
凄い人人人人(*_*)
10時過ぎには着いていたが なんとすでに海老は売切れ(-.-;)
他も混んでるとは思うけど伊勢丹の様相はなんか異常なかんじすらします!
現場から古川がリポートしました(^O^)/

本のゲラ

117b1e86.jpgようやく出版する本のゲラができました☆
しかしちょっと分量が多過ぎで2割程度カットすることになりました
元々そういうつくりかたをする予定でしたが いざ削るとなると これが難しい〜〜(>_<)
ちなみに私の誕生月の2月発売になりそうです!

青木仁志社長様■

071201_03.jpg

■昨日、アチーブメント(株)の青木社長様と面談する機会を頂きました。(右が私ですが、アゴを引いて撮らないとなんかエラソーで嫌ですね)

 

■アチーブメント社様は青木社長様の際立ったセールスマインドやセールス技術を体系化したセールスマントレーニングシステムと人材育成に特化した人材教育コンサルティング会社です。

 

■私自身、旭化成という大企業でサラリーマン営業からソニー生命というプロセールスに転職した時に、同社の 頂点への道 という極めてユニークな研修に参加し、プロセールスの心構えの基本を叩き込んで頂いた思い出があります。

 

■印象に残っているフレーズとして、「お客様と面談しているか、TELで話しているか、それ以外の時間はセールスをしているとはいえない!」というものでした。この言葉を活動している時に常に自身に問いかけるよう習慣づけた記憶があります。

 

■また、この日は青木社長様のセールスノウハウと教育ノウハウを凝縮した究極の教材である、アチーブメント・セールス・スキルアッププログラムについて、今や滅多にプレゼンされない社長様ご自身からご説明頂き購入をさせて頂きました。学習者にとって有難いことにDVDとCDまでも付いているセットです。

 

■保険マンモスでも、今後生保系ファイナンシャル・プランナー(FP)を対象とした、プロユーザー向け専用WEBサイトをオープンする予定なので、そういったところでおススメ教材として取り扱いをさせて頂く予定です。

 

青木先生、これからのお付き合いをどうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

 

 

 

映画『幸せのレシピ』

幸せのレシピ

久しぶりに”映画館”で映画を観ました!

『幸せのレシピ』

キャサリン・セタ・ジョーンズが主役を務める基本的にはラブストーリーですが、いい映画に出会えて、とてもいい気持ちで帰途につくことができました(^^)。

キャサリンも素敵でしたが、子役も凄く、考えさせられるテーマも沢山入っていながら、基本的には明るいトーンで安心して観ていられる作品でした。

映画を劇場で観る良さが満喫できましたし、また随分いい気分転換が出来ました。映画はイイ!

 

伊勢丹デパ地下☆

2e6b39c2.jpg今日は久しぶりに休日を満喫(^O^)
伊勢丹でスーツにシャツにネクタイを新調 ちょっと楽しみ!
写真は有名な伊勢丹のデパ地下 素晴らしくキレイなディスプレイで見てるだけでもワクワクする感じです 流石に伊勢丹ですね

ステキな装丁☆

eb46d955.jpg本屋さんを通る度にいいなという装丁に出会います
ホントにみな工夫してる
僕も満足いくものにしたいと決意をあらたにしました(^O^)/

カッコイイ装丁☆

c4eb48ee.jpgこれから出版する本の装丁を考えてます
これはカッコイイ☆

扶桑社様☆

0515f735.jpg写真は黒部峡谷の地ビール☆
僕は地ビール余り美味しいと思ったことないんですがこれはホントに甘いです
オススメですね(^O^)/

さて保険マンモスのコンテンツを本にして出版しようというプロジェクトが着々と進んでいます ついに原稿も出来上がりました! 写真はフジサンケイグループの出版社扶桑社の担当の田中さんです 私の執筆速度がめちゃ遅かったのですが 最後まで温かい目で見て頂けたことに感謝します!
今日は最終の原稿チェックで終わって飲みにいったような状況です

ブロードマインド様

今日は非常に面白い動きをされている 全国規模の保険代理店であるブロードマインドさんを訪問しました 伊藤社長様 大西社長室長様 橋本FP様 にお会いすることができました 3時間近く打ち合わせさせて頂いたのですが 面白い展開が期待出来そうな雰囲気です
これからのお付き合いよろしくお願いいたします!

社長友達☆

9fd7feac.jpgNo.1セミナーポータルサイトのセミナーズの清水社長さんです 2冊めの出版記念パーティー 著名人もちらほらいらっしゃいました 素晴らしい出会いを頂きました
私も今出版の準備をしているのですが いい本に仕上げるべく頑張ろうと気合いがはいりました(^O^)/
清水さん今後ともよろしくお願いいたします☆

iフォンの凄さ☆

37318554.jpg小泉元首相じゃないですがまさに
☆感動した☆
ですね
この感動を私のつたない表現力ではとても言い表せません
全く新しい情報機器ですね小さい画面のストレスを最小限にする工夫満載です
それにしてもスムースで
まるで紙を小さな窓ごしに見てるようでした
休暇に行ったハワイでの写真です

バースデー☆

dc3baa70.jpgキーストーンアライアンスのメインメンバー水落操さんです
お目出たいことに 50才のバースデーと 会議日程が重なりこの演出となりました

本能寺にて☆

00718376.jpgなぜか今日は京都の本能寺にいます
毎月やってるキーストーンアライアンスの会議が開催されているからです☆
なんとなく厳粛な気分になってます
人間は環境の生き物というのを実感です(^O^)

イズムFP猪股様☆

a1899d0e.jpg保険マンモス設立以来お世話になっている 愛知県で本格的なFPコンサルを提供していらっしゃる イズムFPコンサルタンツの猪股様です
オシャレな方でクールビヅがばっちり 決まっています 猪股さんは設立以来の3つの事務所を全て知ってらっしゃる数少ない方です ありがたい話です
今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆

ソニ-生命様ご来社☆

70d8870a.jpg写真はいつも大変お世話になっている ソニ-生命の田原さんと木邑さんです!

お二人とも良いカンジですよね!

イイ表情の写真が撮れました(^^)。

今回も色々な 『ヒント』『気付き』を 頂きました。

ありがとうございます☆

これからもどうぞ宜しくお願いいたします!!

☆夏の陽射し☆

d7ed067b.jpgきたのか去ったのか
分からないような梅雨でずが 本日の東京品川は まさに夏の陽射し☆
まだそれほど湿度も高くないので気持ちいい暑さです

☆凄い本☆

40f66d59.jpgジェイ エイブラハムは言わずと知れたマーケティングの巨匠ですが 改めてこの本は凄い!
この通り実践していけばまず間違いないという感じがします
むろんそのうえで自分なりの工夫は加えるにしても…ベーシック 道しるべの役を果たしてくれる感じです

プライベートバンカー☆

56f7b2fe.jpg今日は月に一回の
キーストーンアライアンスの全国会議
いつもタイムリーな情報を発信できる外部講師の方にお願いしているのですが
今回はプライベートバンカーの前田和彦氏にお話頂きましたプライベートバンカーという人達が実際にどんなサービスを顧客に提供してるのか その一端を垣間見ることが出来ました
ありがとうございます!

法律事務所様☆

97c15fe4.jpg写真は現在顧問契約を結ばせていただいている 佐藤総合法律事務所様です
金融に強い事務所様で大変な発展をされています 今日もお伺いしたら 事務所拡充されていました
今日は複雑な提携契約書についての打ち合わせでした
いつも的確なアドバイスをありがとうございます
(^O^)/

夜景(^O^)/

449681f4.jpg弊社オフィスからの品川の夜景です
ちょっといいでしょ☆

★人間万事塞翁が馬

■鮒谷さんの平成進化論という有名なメルマガで紹介されていた

 有名な古典!!

 しかし、「正確には知らない」ということは誰でも多いものですが、

 この言葉も、私にとってはそうでした。

 まず読み方からして、

 「人間」=にんげん ではなく

 「人間」=じんかん=世間という意味

 なんです! 

 皆さん、知ってました?!

 言葉の意味自体も、

 やはり大変深いものがあります。

 いい時に奢らず。

 悪い局面で、必要以上に凹まない。

 そんな”心構え”と”自分を客観視できるような視点”を作ってくれる

 ひとつのありがたい古典でした。

 物語からきているので、よかったらご参考下さい。

 

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)

 中国の北の方に占いの上手な老人が住んでいました。さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。
ある時どういうわけか、その老人の馬が北の胡の国のほうに逃げていってしまいました。この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

 そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。

「このことが禍(わざわい)にならないとも限らないよ。」

 しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

 1年が経ったころ胡の人たちが城塞に攻め入ってきました。城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。そして、何とか胡人から守ることができましたが、その多くは戦いで死んでしまいました。しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。

 この話は、中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に書かれています。

 「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。総合すると、「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍へ、また禍から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」という事です。

 

 

 

http://keystone-a.net/pimages/ad/bnr_mammoth.gif







タグふれんず
  • ライブドアブログ