『なぜ?上手に保険加入している人が こうも少ないんだろう』 

しかも、今保険についての情報は巷に山ほどあるのにです

TVCM 新聞広告 書籍 雑誌の特集 

ダイレクトメール ホームページ 等々と・・・

 しかし、多くの人が

 峇愎瓦ない」 か 「メンドウくさい」 ので ⇒ あまり調べない   か もしくは

関心があって 調べるが ⇒  いい情報に出会えない  

のです

 その結果 上手な保険選択をしている人が 極端に少ないのです

では なぜ?いい情報に出会えないのでしょうか?

それは、今世の中に出ている 情報の多くは

 (欷韻鯒笋蠅燭ぢ  

 ∨椶篁┿錣鯒笋蠅燭ぢ 

が発信している情報だから ということが言えそうなのです

 (欷韻鯒笋蠅燭ぢΔらの情報には 

何らかの情報コントロールがありそうで すよね

例えば、TVCMでは メリットばかりを強調して 

デメリットはTV画面 にチョット表示しているだけ・・・ というケースを良く見ませんか?

■特に生命保険では、安くするために 

ユーザーには分かりにくい(バレ 難い)部分で保障機能をかなり低下させているものもあるので注意が必要です。

 ユーザーが理解しやすい(チェックしそうな)部分は従来通りなので、いか にも『いいものが安くなった』感じがしますが、実際は当然違うわけです

 △泙拭)椶篁┿錣鯒笋蠅燭ぢΔ癲∨椶篁┿錣売れないと 当然困るので  消費者にとって本当に大切なことよりも 『分かりやすい(受けの良い) テーマ』 をより多く取り上げる傾向があります

 本当に大切なことは チョット分かりにくく 説明もしにくく  

だから “雑誌・記事の特集”にもなりにくい ものが多いのです

デフレ下ということで 雑誌・週刊誌の見出しは 

『保険のリストラ』『保険 料の節約術』『無駄な保険の見分け方』

と言ったものが良く見られますが、そ してまた良く売れているようですが、その節約手法は実に安易なものが多く驚 かされま (そうでないものも当然ありますが、疑問を感じるものが多いようです)

そうした中、私はこの10年保険を検討する上で 是非押さえておいて欲しい

ポイント・カンドコロを伝え続けてきました

しかし、一人の人間が頑張っても、紹介から紹介のマンパワーでは限界があります。 がそこにインターネットの登場があり、また加速度的な普及がありました。

「ネットなら、このカンドコロを多くの人に伝えられるな!!」

そういう思いから このブログを始めることにしたのです

 遅れましたが 訪問ありがとうございます!!

保険ドクターの古川徹です(^_^)。

今回は 古川医院の開業=『ブログの誕生』 をまずは告知させて頂きました。

このブログで私は 以下の2点を 伝えていこうと思います!

1、初めてお会いするお客様に 普段お話している内容を数回に分けて文章 でお伝えしようと思います。    

<テーマは>  

『生命保険・加入時必ずおさえておきたい!!カンドコロ(基本編)』

2、1000件超の生命保険の見直し・分析・提案事例(『処方箋』)より 皆様のお役に立ちそうな情報を、ピックアップして お伝えしていこうと思います

■保険は、『面白い』ものではないし、『美味しいもの』でもありません。 関心を持ってもらうのが、非常に難しい商品です。

しかし 生命保険は大変高額な商品です。 一生涯での払込総額は1000万を超えるケースがほとんどです

■ここを訪れた方とはご縁があったのだと思います

■文章のマズさから、もし途中『つまらないな〜』という気持ちが多少起こっても、ほんの少しだけ堪えて、読み進んでもらうことができれば  きっと 保険を選択するための しっかりした判断基準が見つかり   

“スッキリ” “納得” して 保険に加入することが出来ようになると思います

最後に念のため申し上げますが

このブログは、保険の販売を目的とはしておりません

目的は1つ!! 一人でも多くの方に、保険加入のカンドコロを伝えたい。 そして、より良い保険を選んでいただきたい ということです

自分自身のライフワークとして、今までの10年間に渡る保険の改善提案・実績から得た 情報・ノウハウ を発信していきたいということなのです。

販売を目的としないからこそ 中立的・客観的な情報を お伝え出来るのです!!

是非、皆様の保険の 比較・見直し・現状分析・検討 にお役に立てれば幸いです!

 ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら是非 『愛のワン・クリック』をお願いいたします(^^)。

 ■ブログランキング■

http://blog.with2.net/link.php/65461

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください。 きっと喜んでもらえると確信しています。 では、次回をお楽しみに・・・。