ヴィレッジ

訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんからの “クリックでの応援” が

 何よりの励みになります!!

 http://blog.with2.net/link.php/65461

 (↑ポチッと↑ポチッと↑ポチッと)

 

今日のお客様は

草津温泉シリーズ第3弾(^^)

エリアNO1の一大リゾート

ホテルヴィレッジさんの登場!!

http://0932.jp/

小さいお子さんがいらっしゃる家族には

ぴったりのホテルという気がします

 

保険金 

払えるか?否か?

それが問題だ

 

ということで

前回お約束した

ソルベンシーマージン(=支払い余力)

の算式やります

       

<算式>

                         

ソルベンシーマージン比率(%) 

 

 ソルベンシーマージン総額 × 10

    リスク合計額 × 0.5

 

■ソルベンシーマージン総額とは??

 

基金(資本金)・価格変動準備金、

危険準備金・貸倒引当金、

有価証券・含み益・劣後ローン等

の総額で 支払い義務に対して 

準備している 財産的な価値 のこと

 

■リスク合計額とは??

 

保険リスク予定利率リスク

資産運用リスク経営管理リスク

 

など通常予想できる範囲を超える

諸リスクを数値化したものの合計

 

  (欷吋螢好 ⇒ 大災害の発生などにより、保険金支払いが急増す

             るリスク

  ∋饂艮人僖螢好 ⇒ 株価暴落・為替相場の激変などにより資産価  

                値が大幅に下落するリスク

 7弍調浜リスク ⇒ 業務の運営上通常の予想を超えて発生し得る

               リスク

 

 

あ〜〜〜〜〜〜つまらない!!

 

ですよね

 

とりあえず下の

数字を見る基準 だけご参考ください!

 

 

<< 数字を見るポイント >>

 

■6月2日に掲載した データを見ながらお読みください(^^)

 

1)200%の最低ライン

 

  200%を下回ると監督当局によって

  早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます

 

  自分の加入している保険会社が行政指導を受けるような事態は  

  皆さん避けたいでしょうからのでこうならないように

 もっと早い段階で対策をする必要があります

  

その意味で

 

2)500%ラインを提案したいのです(^^) 

 

  500%を下回ったら 保険会社の検討をスタートさせては

  いかがでしょうか

  ということで 赤字にしました!

  

  今現在この500%ラインを切っている会社は

  大和生命 と あおば生命 の2社だけです

  たいていの会社は大丈夫です!

  (大和さん あおばさん 頑張って下さい)

  

3)1000%ライン

 

  1000%以上の会社をブルーで表示しましたが

  これはそれ程意味をもってません

  スンマセン(^^)

  

  これから加入されるなら

  どうせなら 高い財務力があった方が良いだろうと

  各社の数字を見ていて

  ひとつ1000%のラインを感じただけです(^^)

  

)そして最後に

 

この比率は経営の健全性を示す一つの重要な指標ですが

 

この比率だけで 経営の健全性の全てを

判断するには 十分なデータではないと思います

(社歴の若い会社に比較的有利な指標だと言われます)

 

やはり 格付けデータ(5月8日13日掲載)等と

一緒にみて総合的に判断することが重要です

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

 

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php/65461

 

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

 

きっと喜んでもらえると確信しています

 

では、次回をお楽しみに・・・