■訪問ありがとうございます!

■人気ブログランキングに参加しています

 皆さんの “来たよ!ってクリック” 

 何よりの励みになります!!


もーいくつ寝るとお正月 ♪
になっていまいましたね
もーこの年になると、ホントにホントに1年が早いんですよね

ま、終わりよければすべてよしって言葉もあるくらいですから
年末しっかりしめていきたいと思います★

 

で、今回は年の瀬って事で、
保険にかかる「税金」のお話をしたいと思います。


生命保険はやはり金額が大きいので
そこにかかってくる税金も巨額な場合があります。

一方で保険は税制優遇があり
非課税枠もあったりもするので

やり方によっては非常に少額な税金ですむ場合もあるのです。


つまり、同じ保険でも
”契約の仕方”によって税額が全く異なる!のです!

 

”知ってる”  か ”知らない” か 

それだけのことです!



でも
差は明確なのです!!


これって
怖い話じゃないですか・・・?

 

税金の話なので若干複雑ですが、なるべくわかりやすくいきますので、ついてきてくださいね。

 

特に税金の影響の大きいものの話をします。

”養老保険”というお金が貯まる保険についてです。
学資保険・こども保険も、この養老保険を基本としています。


■養老保険の受取り時の税金について

この保険に加入する時の目的は

一般に貯蓄とか老後資金準備となります


しかし上で書いた通り

入り方によって税金が全く異なるのです! 


ポイントは
契約形態といわれるものですが・・・


契約形態ってなんでしょう?

多分余り説明がないと思います。


契約形態とは


〃戚鷦圈  瓠(欷盈舛鯤Г辰討訖

被保険者 = 保険が掛かっている人

受取人  = 死亡保険金受取人・満期金受取人


をどう設定するかということです。


加入する段階で

△老茲泙辰討い泙垢

,蓮誰が払うのか 夫か妻か両親なのか

もハッキリ決まっていることは少ないようです


しかし
この契約形態をどうするかの1点で


■税額の低い一時所得税になるか、高い贈与税になるか 

 が決定するのです!!


「そんなこと聞いてないよ!」という声が

聞こえてきそうですが、現実はそうなのです!

 

”知ってる”  か ”知らない” かの 

差がでる場面です!!

 

まだまだ、具体的に話していきたいのですが

話がチョット複雑な上に、ながーくなりそうなので

次回、つづきをやっていきたいと思います。


近日中にはUPしますので、お楽しみに。


最後まで、お読みいただきありがとうございました!

ひとつでも「役立ったな!」「応援してやろう!」と思って頂けたなら

ぜひ ポチッと(^^)お願いいたします

ブログランキング⇒ http://blog.with2.net/link.php?65461

そして、このブログをあなたの親しい友人・知人・親戚等にも知らせてあげてください!

アドレスは⇒ http://hokendoctor.livedoor.biz/

さらに色々な保険情報が詰まった私の本家HPは こちら です。

きっと喜んでもらえると確信しています

では、また次回